開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2020/04/20

プレゼンターは全員自宅、「Cloud Native Summit Online」がYouTubeライブで開催

新型コロナウイルスの影響で世界中のイベントが中止や延期になっているなか、3月30日から4月2日までオランダ アムステルダムで開催予定だったKubernetesやクラウドネイティブに関する年次イベント「KubeCon+CloudNativeCon Europe 2020」も8月開催へと延期されました。

新野淳一(本記事は「Publickey」より転載)

新野淳一(本記事は「Publickey」より転載)

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

 「KubeCon+CloudNativeCon 」は、昨年6月にスペイン バルセロナで開催された「KubeCon + CloudNativeCon Europe 2019」の参加者が約9000人、昨年11月に米サンディエゴで開催された「KubeCon + CloudNativeCon North America 2019」の参加者が約1万2000人と非常に大規模なイベントです。

 今回の「KubeCon+CloudNativeCon Europe 2020」が開催されれていれば、おそらく1万人ほどの参加者が集まったのではないかと思われます。

 この大型イベントが延期されてコミュニティの交流が損なわれたのは寂しいことだとして、コミュニティメンバーが自発的に開催を発表したのがオンラインでのライブイベント「Cloud Native Summit Online」です。日本時間で4月7日火曜日の夜10時からYouTubeのライブ動画としてスタートしました(ライブ動画は録画してあとから見ることができるそうです)。

 イベントのホスト役を務めるGitLabのPriyanka Sharma氏は、このイベントの趣旨を「クラウドネイティブのコミュニティは、たとえ物理的に離れていたとしても、団結しテクノロジーによって前進できることを示す」と説明しました。

 オンラインイベントに登場するプレゼンターは全員が自宅からのライブ中継です。ホスト役のPriyanka Sharma氏がまず登場し、イベントの趣旨や進行について説明。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ユニファイド(ビデオ会議・Web会議) ジャンルのトピックス

ユニファイド(ビデオ会議・Web会議) ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!