• 2023/03/16 掲載

春闘ベア、歴史的高水準=物価高で「満額」相次ぐ―大手製造業が集中回答

時事通信社

photo
記事をお気に入りリストに登録することができます。


2023年春闘は15日、大手企業の集中回答日を迎えた。物価高を受けて、従業員の基本給を底上げするベースアップ(ベア)について、労働組合の要求に満額回答が続出した。歴史的な高水準のベア獲得が相次いでおり、今後は雇用の7割を占める中小企業に大手の勢いが波及するかが焦点となる。

電機大手では日立製作所や富士通、三菱電機、パナソニックホールディングスをはじめ、月額7000円のベアを要求した主要12労組がいずれも満額を勝ち取った。東芝やNECなどは2000円分の福利厚生ポイントを含めて満額。各労組とも、現在の要求方式に変更した1998年以降で最高水準のベアを獲得した。

電機は労組側が要求額をそろえて経営側から一定水準以上の回答を引き出す「統一交渉」が慣例。今春闘ではベアの最低回答基準を前年(1500円以上)の3倍を超える5000円以上に設定した。ベア実施は10年連続となる。

東京都内で記者会見した日立の田中憲一執行役常務は「物価が急激に上昇し、例年以上に従業員の期待が高い状況だった」と交渉を振り返った。その上で、回答水準について「『人への投資』ということで決断した」と説明した。

裾野が広い自動車産業では、トヨタ自動車とホンダがいち早く満額で応じ、既に決着済み。さらに、日産自動車と三菱自動車が集中回答日を待たずに満額回答を表明した。SUBARUとマツダ、スズキ、ダイハツ工業がこれに続き、自動車大手8社も満額回答で足並みをそろえた。

トヨタの佐藤恒治次期社長は愛知県豊田市の本社で記者会見し、「昨今の物価高やさまざまな社会環境の変化を考えると、より暮らしやすい環境をつくっていくのが大きな流れだ」と強調。「(トヨタの早期決着が)良い方向に作用しているといい」と語った。

【時事通信社】 〔写真説明〕労使交渉の回答状況をボードに書き込む金属労協の職員=15日午前、東京都中央区(代表撮影) 〔写真説明〕2023年春闘の労使協議会を終え、記者会見するトヨタ自動車の佐藤恒治次期社長=15日午前、愛知県豊田市の同社本社

関連タグ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます