• 2024/02/12 掲載

大正製薬のMBO、オアシスが「安すぎる」と反対

ロイター

記事をお気に入りリストに登録することができます。
Makiko Yamazaki

[東京 12日 ロイター] - 香港の投資ファンド、オアシス・マネジメントのセス・フィッシャー最高投資責任者(CIO)は12日、大正製薬ホールディングスのMBO(経営陣が参加する買収)について、買収価格が低すぎるとして反対していると述べた。

大正製薬は先月、1株8620円の株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。創業家の上原茂副社長が代表を務める会社が議決権比率で73.12%相当の株式を取得した。

買い付け価格は、TOB発表前の株価に55%のプレミアムを上乗せた水準だが、株価と純資産の比率を示す「株価純資産倍率」は1倍を下回っていた。

大正製薬は3月に株主総会を開き、株式併合の承認を得た上でTOBに応じなかった少数株主から強制的に株式を取得する。承認に必要な3分の2以上の株式を保有するため承認は確実だ。

一方、価格に不満を持つ株主は、株式買取請求権を行使した上で、裁判所に株式の公正な価格を決定してもらうことができる。

フィッシャー氏は、マネックスグループ主催の「マネックス・アクティビスト・フォーラム」で、大正製薬の株価は長期間低迷していたため、55%のプレミアムでも割安で、「少なくとも(1株あたり)1万1000円で買収されるべきだと考える」と述べた。

同氏は、オアシスが「長い間」大正製薬の株主であるとしたが、保有株数は明らかにしなかった。オアシスがどのような措置を取るか、具体的な説明はなかった。

関連タグ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます