開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2020/09/17

外為取引額、8月は前年比約6%減=CLS

ロイター

photo

[ロンドン 16日 ロイター] - 外為取引決済サービスを提供するCLSが発表した8月の外為取引額(1日平均)は、前年比約6%減の1兆6490億ドルとなった。

前月比も0.5%減。減少は2カ月連続。

8月は新型コロナウイルス流行第2波の兆候が表れる中、主要通貨の振れ幅予想を示す指数が4カ月ぶりの高水準となり、為替市場の変動も大きかった。

新型コロナ感染拡大で市場が混乱した3月に外為取引額は急増。その後は小康状態となる中、取引額は抑制的となっている。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!