開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2020/10/16

NTTデータ、Mu Sigmaと業務改革コンサルティング分野で業務提携

NTTデータ

株式会社NTTデータ(代表取締役社長:本間 洋、以下:NTTデータ)とMu Sigma Japan株式会社(読み:ミューシグマジャパン、Regional Head:Vishvesh Potdar、以下:Mu Sigma)は、企業のデジタル変革を加速するため10月16日に業務提携契約を締結しました。

本提携により、製造・小売り・金融業をはじめとする企業に、意思決定手法である独自の「デシジョンサイエンス」(注)の方法論を活用した、データ分析・活用による業務改革支援サービスを提供します。Mu Sigmaの持つ3,500名以上の人材と、世界で15年に渡って6,000件を超えるビジネス課題解決実績を組み合わせることで、企業の意思決定にデータを活用し、収益改善や品質向上を実現するデータサイエンスの仕組みを最短1~2カ月程度で導入可能です。

今後、両社で2020年度末までに10件以上のサービス提供を目指します。

■背景・目的

デジタル技術の発展によるIoT等のデータの拡大と、AIをはじめとするデータ分析技術の高度化・低コスト化を背景に、企業におけるデータの利用価値は年々高まっています。あらゆる業種・業務においても、予測や意思決定におけるデータサイエンスの活用により業務を改革し、売り上げの向上やコストの削減を実現する機会が拡大しています。一方で、データサイエンスによる業務改革は、方法論が十分に確立されておらず、自社でのテーマ設定の難しさや、予測モデルの精度が業務適用に耐えないなどの課題に直面することも少なくありません。

NTTデータは、通信・ユーティリティーや日系グローバル製造業をはじめ多様な業種のお客さまへ、データ分析・活用に関する業務・ITコンサルティング、先進テクノロジー導入まで一貫したサービスを提供してきました。Mu Sigmaは、15年以上にわたり北米・欧州・APACにおいて、世界的な大手の小売業、製造業や金融業をはじめとするお客さまへ、データサイエンスを活用した業務改革支援を行ってきました。独自の「デシジョンサイエンス」方法論にもとづき、分析課題の抽出から実行に至る体系的なサービスを数多く提供しています。

今回、NTTデータが持つデータ分析・活用の一貫したサービスに、Mu Sigmaが持つ人材・方法論・実績を組み合わせることで、日本のお客さまに対して収益改善や品質向上を実現するデータサイエンスの仕組みを最短1~2カ月程度で導入し、お客さまのデジタル変革を加速すべく、両社は協業することとしました。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!