開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/03/04

みずほのATMまた障害、29台が3分間停止 ハードの不具合で

ロイター

photo

[東京 4日 ロイター] - みずほ銀行は3日、現金自動預払機(ATM)に再び障害が発生したと発表した。先月28日に起きた不具合とは別の要因で、29台が3分間にわたって使えなくなった。今回も利用者の通帳やカードが機械に取りこまれた。

みずほ銀によると、障害が起きたのは東京、千葉、大阪などの28拠点29台。午後7時58分から3分間、ATMが使用不能となった。ハードの不具合により、システムセンター間のネットワークが一時期的に途切れたためとしている。詳細については調査中。

ATMはすでに復旧。取り込まれたキャッシュカードなどの返却作業を進めている。

みずほ銀のATMは、定期預金取引のデータ移行作業中にメモリーが不足したことが原因で、2月28日午前から3月1日午後にかけて利用できなくなった。全国に設置するATM約5900台のうち、ピーク時は4318台で不具合が起きた。金融庁は同行に対し、原因や再発防止策などの報告を求める報告徴求命令を出した。

(新田裕貴 編集:久保信博)

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!