開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/04/12

フランス水事業ベオリアとスエズが合併で合意、150億ドル規模

ロイター

photo

[パリ 12日 ロイター] - フランスの水・廃棄物管理企業のベオリアとスエズは12日、約130億ユーロ(154億4000万ドル)規模の合併で合意したと発表した。

ベオリアは、台頭する中国勢に対抗するため、長年のライバルであるスエズに買収提案したが、スエズは何度も提案を拒否していた。

合意した買収条件は、スエズ株1株=20.50ユーロ(24.4ドル)。当初の条件は18ユーロだった。ベオリアはすでにスエズ株29.9%を保有する。

独禁法上の懸念に対応し、スエズの一部資産をスピンオフ(分離・独立)し売上高70億ユーロ規模の新会社にする。

統合新会社の株主は、メリディアムなどの投資ファンド、公営金融機関の預金供託公庫(CDC)、従業員で構成する。

ベオリアは、経営統合により、環境関連サービスやリサイクルなどの成長分野におけるイノベーションで有利になるとした。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!