開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/04/14

機械受注2月は前月比-8.5%、予想外の減少 「持ち直し足踏み」

ロイター

photo

[東京 14日 ロイター] - 内閣府が14日に発表した2月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比8.5%減の7698億円となった。2カ月連続の減少。ロイターの事前予測調査では前月比2.8%増と予想されており、予想外の減少となった。

前年比は7.1%減。ロイターがまとめた市場予想(2.3%増)も下回った。内閣府は機械受注の判断を「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に変更した。

製造業は前月比5.5%減の3426億円、非製造業(除く船舶・電力)は同10.9%減の4227億円となった。

外需は前月比76.2%増と5カ月連続で増加。受注額水準は1兆8061億円。海外で設備投資の活発化の動きが継続していることがうかがえる。

機械受注統計は機械メーカーの受注した設備用機械について毎月の受注実績を調査したもの。設備投資の先行指標として注目されている。

(杉山健太郎 編集:山川薫)

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!