開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/04/21

蘭ASML、第1四半期業績上振れ 通期予想30%増収に上方修正

ロイター

[アムステルダム 21日 ロイター] - オランダの半導体製造装置大手、ASMLが発表した第1・四半期決算は純利益が予想を上回った。同社は強い需要を受け通年の売上高予想を引き上げた。

通年の売上高は30%増と予想。1月時点では少なくとも10%増加と予想していた。

ピーター・ウェニンク最高経営責任者(CEO)は「全ての市場と製品群で需要が3カ月前に比べて大幅に拡大した」と述べた。

台湾積体電路製造(TSMC)などの顧客はASMLの製造装置に加え、関連ソフトウエアも購入し、生産能力の早期引き上げに取り組んでいるという。

第1・四半期の純利益は13億3000万ユーロ(16億ドル)、売上高は43億6000万ユーロ。リフィニティブのデータによると、アナリストの予想は、純利益が10億8000万ユーロ、売上高が40億2000万ユーロだった。

3月31日時点の純受注高は47億4000万ユーロで、昨年末の42億4000万ユーロから増加した。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!