開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/05/18

EU、対米報復関税拡充を最大6カ月停止 バイデン政権と対話へ

ロイター

photo

[ブリュッセル 17日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は17日、対米報復関税措置の拡充を最大6カ月間棚上げすると発表した。EUはトランプ前米政権が導入した鉄鋼・アルミニウム関税措置を巡る対立を解消し、世界的な生産能力過剰のほか、中国の通商政策などについてバイデン現政権と対話を開始したい考え。

EUは6月1日付で、口紅などの化粧品から運動靴などのスポーツ用品に至る物品を新たに対象に加えるほか、ウイスキーや二輪車などに対する関税率を50%に倍増させる計画だった。

EUと米国は共同声明で、同盟国として共通の懸念事項に対応し、「通商をゆがめる政策を支持する中国のような国を追及する」と表明。このほか、鉄鋼とアルミニウムの世界的な生産能力過剰への対応策を年末までに策定する。

バイデン米大統領は約1カ月後にブリュッセル訪問を控えており、EU外交筋は、二輪車大手ハーレー・ダビッドソンやその他の米企業の製品に対する関税をEUが引き上げれば、ひどいメッセージを送ることになると指摘。欧州議会国際貿易委員会のベルント・ランゲ委員長は、米国はEUとの首脳会談に「EUと同等の姿勢を示すために具体的なコミットメント」をもって臨む必要があると述べた。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!