開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/08/04

英サービス部門PMI改定値、7月は59.6に急低下 3月以来の低水準

ロイター

photo

[ロンドン 4日 ロイター] - IHSマークイット/CIPSが4日発表した7月の英国のサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は59.6と、前月の62.4から急低下し、3月以降で最低となった。

製造業とサービス業を合わせた総合PMI改定値も59.2と、前月の62.2から急低下した。

サプライチェーンの目詰まりや、新型コロナウイルスの隔離措置に伴う欠勤が響いた。

物価は25年前の調査開始以降で最大の上昇を記録した。

IHSマークイットのエコノミクスディレクター、ティム・ムーア氏は「労働力と原材料の供給不足で成長が阻害されている企業が増えている。需要サイドでは、累積していた個人支出が既にピークの局面を迎えている」と述べた。

ただ、7月のPMI改定値は速報値を大幅に上回った。イングランドで7月19日に、それまで継続されていた新型コロナ対策の制限措置の大半が解除され、サービス部門の活動が拡大したことが背景。

7月のサービス部門は、政府のスマートフォンアプリで陽性者への濃厚接触を確認された多くの労働者が最大10日間の自主隔離に入る「ピングデミック」で打撃を受けた。

新規の感染者は、7月17日のピークから半分以下に減少しており、政府は8月16日から自主隔離措置を緩和する予定。

ただ、それでも人手不足は続いており、雇用の伸びは過去3カ月で最低となった。サービス部門の輸出も新型コロナ関連の移動制限で引き続き打撃を受けている。

賃金コスト、燃料コスト、輸送コストがサービス業のコストを押し上げる3大要素となっており、企業の値上げ幅は1996年7月以降で最大となった。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!