開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/09/20

EXCLUSIVE-米、タカタ製エアバッグ巡り3000万台の調査開始=政府文書

ロイター

photo

[ワシントン 19日 ロイター] - 米道路交通安全局(NHTSA)は、タカタ製エアバッグ・インフレーターに欠陥の可能性があるとして3000万台の自動車について、新たな調査を開始した。ロイターが19日に確認した政府の文書で明らかになった。

調査は2001─19年までのモデルイヤーの車両を対象に17日に開始された。まだ発表されていないが、自動車メーカーには通知が行われた。

調査対象車のメーカーはホンダ、フォード・モーター、トヨタ自動車、ゼネラル・モーターズ(GM)、日産自動車、SUBARU、テスラ、フェラーリ、マツダ、ダイムラー、BMW、 クライスラー(現在はステランティスの一部)、ポルシェ、ジャガー・ランドローバー, ジャガー・ランドローバー(タタ・モーターズ傘下)など約20社に上る。

NHTSAは20日に発表する見通し。19日時点で自動車メーカーはコメントを控えたか、コメント要請に応じていない。NHTSAはコメントを控えた。

文書によると、調査対象の3000万台には、製造時に採用されたインフレーターを搭載している車両と、過去のリコール(無料の回収・修理)で使用されたインフレーターを搭載している車両の双方が含まれている。

タカタ製エアバッグのインフレーターは、展開時にまれに破裂して金属片が飛散する不具合が発生している。過去10年間で米国では6700万個超、世界では1億個超がリコールされており、自動車の安全に関連したリコールでは史上最大規模となっている。

タカタ製エアバッグの欠陥を巡っては、米国での19人を含め世界で少なくとも28人が死亡しているほか、400人以上が負傷している。

今回の調査の対象車両には乾燥剤を使用したインフレーターが搭載されている。文書によると、乾燥剤入りインフレーターを搭載した車両で破裂は報告されていない。

NHTSAは文書の冒頭で、「安全性リスクは確認されていないが、リコールされていない乾燥剤入りインフレーターの将来的なリスクを評価するためには、さらなる調査が必要だ」としている。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!