開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/09/22

IFO、今年の独GDP予測を2.5%増に下方修正

ロイター

[ベルリン 22日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所は22日、今年のドイツの国内総生産(GDP)予測を下方修正した。サプライチェーンの混乱や中間財の不足を受けて、新型コロナウイルス禍からの景気回復ペースが鈍化していることが背景。

今年のGDP伸び率の予測を0.8%ポイント下方修正し、2.5%とした。来年については0.8%ポイント上方修正し、5.1%とした。

IFOのチーフエコノミスト、ティモ・ボルマーショイザー氏は「コロナ危機からの力強い景気回復は、当初、夏に予想されていたが、さらに先延ばしになった」と指摘。

「重要な中間財の供給制約で鉱工業生産が現在、縮小している。サービス業はコロナ危機から力強く回復しつつある」と述べた。

一方、ドイツ銀行協会(BdB)は、今年のGDP伸び率を3.3%増、来年を4.6%増と予測した。

BdBは「先行き不透明感の原因である最大のリスクは、コロナ感染者の増加と物流・生産の深刻な目詰まりだ。これが特にドイツ産業に悪影響を及ぼしている」と指摘。

その上で、力強い外需と国内民間消費が、今年と来年の景気回復を促すとの見通しを示した。

BdBのマネジングディレクター、クリスチャン・オシグ氏は「来年の民間消費は7%増加する見通しだ。東西ドイツ統一以降で群を抜いて高い水準となる」と予想。

新型コロナ感染防止対策による「強制貯蓄」の問題は、過去のものになったようだとし、盛り返しの効果が来年以降も続くとの見通しを示した。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!