開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/09/23

英中銀、銀行部門の競争促進へ 新規参入促す=ウッズ副総裁

ロイター

photo

[ロンドン 22日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のウッズ副総裁は22日、銀行セクターへの新規参入を促し、競争促進に取り組む考えを示した。

英国のリテールバンキング部門は、HSBC、バークレイズ、ロイズ、ナットウエストの大手4行の優位が長年続いてきた。

ウッズ氏はロンドン金融街のマンションハウス(ロンドン市長公邸)で行ったスピーチで「適切に機能する競争市場というのは、企業が容易に参入・撤退できる市場だ」と述べた。

中銀は、企業が市場に混乱をもたらすことなく撤退できるという信頼感を高めるため、今後数年間に取り組みを強化する方針。

ウッズ氏は「確実に安全な撤退プロセスは、新規参入企業の受け入れ拡大につながるため、容易な参入の当然の帰結として不可欠だ」と述べた。

また、新型コロナウイルス禍による課題に直面する中でも銀行・保険セクターは強固だと指摘。「セクター全体を見ると、資本や流動性は強固で、業務面のレジリエンス(耐性)もコロナ禍やサイバー分野の圧力におおむね持ちこたえている」とした。

英中銀は欧州連合(EU)から引き継いだ保険会社の資本ルールの見直しを実施している。

ウッズ氏は、資本要件や保険契約者保護を弱めることなく本格的な改革を実現する可能性を「慎重ながら楽観視」していると述べた。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!