開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/12/09

午前の日経平均は小反落、前日までの大幅上昇に警戒感

ロイター

photo

[東京 9日 ロイター] - 9日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比42円09銭安の2万818円53銭と小反落した。オミクロン株への不安は後退しつつあるが、前日までの大幅な上昇に対する警戒感や2万9000円に近づくと戻り売りが厚くなると懸念され、小幅安の水準で小動きに終始した。商いも細っている。

8日米国株式市場は続伸となった。米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンについて、3回の接種を行うことで新たな変異株「オミクロン株」に対しても高い効果があることが確認されたと発表。これが好感される格好となった。

ただ、日本株は朝方から上下いずれも大きく振れることはなく、日経平均は前日比小幅安の水準で一進一退。テクニカル面で時価水準よりやや上値に位置する200日移動平均線が意識され、戻り売りが出やすいという。さらに、明日のメジャーSQ(特別清算指数)の算出や、来週にはFOMCを控えるため、売り買いともに新たなポジションが取りにくいとの指摘もある。

市場では「オミクロン株に関して好材料が出たものの、直近で日経平均が急な戻りを演じたことや、FOMC控えとあって、大きく動きにくい」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)との声が聞かれた。

TOPIXは0.33%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0814億2000万円と細っている。東証33業種では、金属製品、繊維業、機械が下落し、空運業、ゴム製品などが上昇した。

個別では、ソニーグループなど主力銘柄にさえない銘柄が目立ち、商船三井など海運株も軟調だが、レーザーテックなど半導体関連株の一角が小じっかりだった。

東証1部の騰落数は、値上がりが657銘柄、値下がりが1398銘柄、変わらずが128銘柄だった。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!