開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/18

22年の失業率5.9%に改善=コロナ前を依然上回る―ILO予測

時事通信社

photo



【ロンドン時事】国際労働機関(ILO)は17日、雇用情勢に関する報告書を発表し、2022年の世界の平均失業率は5.9%と、前年から0.3ポイント改善するとの予測を示した。前年を下回るのは2年連続。ただ新型コロナウイルス拡大前の19年(5.4%)を依然上回り、労働市場の本格回復は24年以降と分析している。

【時事通信社】 〔写真説明〕米国の求人広告=2021年8月、バージニア州アーリントン(AFP時事)

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!