開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/19

FRBが積極的に行動すれば逆イールドも=ブラックロックCEO

ロイター

photo

[18日 ロイター] - 世界最大の資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は18日、米連邦準備理事会(FRB)がインフレ抑制に向け「非常に積極的」に金融政策を再調整すれば、米国債の「イールドカーブがフラット化し、逆イールドとなる可能性もある」という認識を示した。

フィンク氏はCNBCとのインタビューで、今後2年間はインフレが高まり、FRBが「積極的」に行動するという見通しを示した。

金融市場では、年内に最大4回の利上げの可能性が予想されている。

18日の取引で、米2年債利回りは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)開始後初めて1%を上抜けた。2・10年債の利回り格差は81ベーシスポイント(bp)と、3日以来の水準に縮小した。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!