開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/20

ホンダ、三重の工場で2月上旬に1割減産 半導体不足などで

ロイター

photo

[東京 20日 ロイター] - ホンダは20日、三重県の鈴鹿製作所の生産稼働率が2月上旬に約1割減となるとの見通しを発表した。半導体供給の不足や海外での新型コロナウイルス感染症に伴うロックダウンなどの複合的な要因により、部品入荷や物流に遅れが出ているという。

鈴鹿製作所は1月は正常稼働している。一方、1月は稼働率が1割減だった埼玉製作所では、2月上旬は正常稼働となる見通し。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!