開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/22

NY外為市場=ドル下落、米債利回りの低下受け

ロイター

photo

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、米債利回りの低下を受けドルが下落した。市場では来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ見通しが一段と明確になるかが注目されている。

今週は米連邦準備理事会(FRB)が想定以上のペースで金融政策を引き締めるとの見方から米債利回りとドルが上昇。ドル指数の週間上昇率は12月中旬以降で最大となる見込み。

CIBCキャピタル・マーケッツの北米外為戦略部門責任者、ビパ

ン・ライ氏は、FOMCの声明が来週発表されるまで「あらゆる市場が落ち着きをやや取り戻すだろう」と指摘。「データ面で特に手がかり材料がないことを考慮すると、きょうのドル相場が幾分穏やかなのは理にかなっている」と述べた。

ドル指数は0.1%安の95.650。ただ週間では0.5%上昇した。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは6%安。8月以来の安値を付けた。イーサも8%超下げた。

ドル/円は0.4%安の113.680円。週間では約0.5%下落した。

ユーロ/ドルは0.3%高の1.1341ドル。週間では約0.6%安だった。

ポンド/ドルは0.3%安の1.3553ドル。英国立統計局(ONS)が21日発表した12月の小売売上高は、前月比3.7%減少し、ロックダウン(都市封鎖)中だった2021年1月以来の大幅な落ち込みとなった。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!