開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/29

NY外為市場=ドル、週間ベースで7カ月ぶり大幅上昇 利上げ観測で

ロイター

photo

[ニューヨーク 28日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、週末を控えドルに若干のポジション調整が入ったものの、米連邦準備理事会(FRB)が今年は積極的な利上げに動くとの観測から、ドル指数は週間ベースで7カ月ぶりの大幅な上昇となった。

この日は春節(旧正月)を来週に控え、アジア取引時間中は主要通貨はほぼ横ばいで推移していた。

主要6通貨に対するドル指数は0.04%高。週初からは約1.7%上昇。週間ベースでは昨年6月以来の大きな上昇となった。

この日発表の米経済指標では、労働省の発表した2021年第4・四半期の雇用コスト指数(ECI)が前期比1.0%上昇。市場予想は1.2%上昇だった。

バノックバーン・グローバル・フォレックスのチーフ市場ストラテジスト、マーク・チャンドラー氏は「パウエルFRB議長は特に雇用コスト指数に言及したが、伸びは予想をやや下回った。これを受け、週末を控え若干のポジション調整が入った」と指摘。ただ「ドルの上昇は終わっていない」との見方を示した。

こうした中、米10年債利回りは1.77%近辺に低下。24日には約1.9%と、2年ぶり高水準を付けていた。

ユーロは1.1143ドルと、ほぼ横ばい。前日は1.1131ドルと、1年8カ月ぶり安値を付けていた。

円は対ドルで0.14%高の115.21円。

豪ドルとニュージーランドドルは対米ドルで下落。ニュージーランドドルは1年3カ月ぶり安値を付けた。

英ポンドは前日に1.3360ドルと、1カ月ぶり安値を更新したが、来週のイングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会に注目が集まる中、この日はやや持ち直した。市場では英中銀が90%の確率で追加利上げを決定するとの見通しが織り込まれている。

ドル/円 NY終値 115.24/115.27

始値 115.63

高値 115.66

安値 115.13

ユーロ/ドル NY終値 1.1143/1.1147

始値 1.1131

高値 1.1173

安値 1.1126

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!