開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/05/28

NY外為市場=ドル小幅安、米利上げ予想修正の動き 景気後退懸念和らぐ

ロイター

photo

[ニューヨーク 27日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが小幅安。週足では2週連続での下げとなる見通し。トレーダーの間では、米連邦準備理事会(FRB)の積極的な利上げ予想を修正する動きが広がっている。また、朝方発表された米指標はインフレ伸び鈍化と堅調な消費支出の継続を示し、景気後退を巡る懸念が和らいだ。

主要6通貨に対するドル指数は一時101.43と、4月25日以来の安値に沈んだ後、終盤の取引では0.059%安の101.66。週間ベースでは1.24%下落する見通し。前週も1.45%下落していた。

スコシアバンクのストラテジストはノートで、「ドルの幅広い上昇は終了し、足元では大幅安とはなっていないものの、一段高となる公算は小さいように見える」という見方を示した。「FRBの利上げは完全に織り込まれているほか、経済成長が予想以上に速いペースで減速すれば、年後半の利上げ観測は修正される可能性がある」と述べた。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニアマーケットアナリスト、ジョー・マニンボ氏は「秋にFRBが利上げを一時停止するという観測が高まる中、ドルは下げに転じている」と述べた。

朝方発表された4月の米個人消費支出(PCE)価格指数は前年同月比6.3%上昇。伸び率は1982年以来の高水準となった前月の6.6%から縮小した。前月比でも0.2%上昇と、3月の0.9%上昇から減速し、2020年11月以来、最小の伸びにとどまった。

来週発表される米指標では、5月の米雇用統計が注目される。

前出のウエスタン・ユニオンのマニンボ氏は「雇用統計によって、第3・四半期以降の引き締め余地が示されるだろう」と述べた。

ユーロ/ドルは横ばいの1.0731ドル。一時、1カ月ぶりの高値を付ける場面もあった。

ポンドは0.16%高の1.2628ドル。

リスクに敏感な豪ドルは0.8%高の0.7156米ドル。ニュージーランドドルも0.88%高の0.6535米ドル。

リスク選好度は改善したものの、暗号資産(仮想通貨)のビットコインは2.59%安の2万8426ドルだった。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!