開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/07/03

米フォートレスと優先交渉=そごう・西武売却―セブン&アイ

時事通信社



セブン&アイ・ホールディングスが、百貨店子会社「そごう・西武」の売却で、ソフトバンクグループ傘下の米ファンド、フォートレス・インベストメント・グループと優先的に交渉する方針であることが3日、分かった。両者は売却額や雇用などの面で詳細を詰める。売却額は2000億円超が見込まれている。

フォートレスは店舗運営をめぐり、家電量販大手ヨドバシホールディングス(東京)との連携も検討しているもようだ。

セブン&アイは5月下旬に2次入札を実施。米ファンドのローンスターやシンガポールの政府系ファンドも売却先候補として残っていた。フォートレスは国内で賃貸アパート大手レオパレス21などへの投資実績がある。

【時事通信社】

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!