開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/07/07

ヤマハ、業務用インターホンサービス「スマホでインターホン」を開発

ヤマハ

photo

 ヤマハ株式会社は、言語や聴力への不安がない音のユニバーサルデザイン化社会の実現を目指す「SoundUD」の取り組みの一環として、スマートフォンで利用できる業務用インターホンサービス「スマホでインターホン」を開発しました。また、7月6日(水)に京都鉄道博物館で開催された「SoundUD展示会 in 京都」で先行体験会を実施しました。

 従来のインターホン専用機は、日本語がわからない外国人や、音を聴き取りづらい高齢者や障がい者の方の利用は困難で、機器への接触を伴う点もウィズコロナ時代には課題でした。また、専用機は設置時の工事や電源確保、機器の保守も必要なため、利用者の少ない施設にまで完備することは難しいという側面もあります。さらに、少子高齢化や過疎化などによる働き手の減少や、テレワーク推進による働き方の多様化などで、施設の無人化や省人化が進んでおり、インターホン設置のニーズは高まっています。

 そこで当社は、専用機がなくてもスマートフォンで利用でき、どこに行っても同じUI/UXで係員と対話できるインターホンサービスを開発しました。本サービスは、音声での対話だけでなく、キーボード入力による文字でのやり取りや自動翻訳機能で多言語化にも対応するなど、ユニバーサルデザインに配慮しており、外国人や聴覚障がい者の方も利用できます。また、電源不要のSoundUDトリガーボードを貼るだけで導入できるため、大掛かりな工事も必要なく、導入や運用コストを大幅に削減することができます。

 さらに、手軽に設置できることで、さまざまな用途に活用できます。例えば、ホームセンターや家電量販店では、売り場ごとにトリガーボードを設置すれば、遠隔の専門スタッフにより複数店舗の一括応対も可能になります。他にも、無人店舗や無人カウンターからの問い合わせ対応、自治体の支所や出張所の遠隔応対など、業界を問わず活用できます。

 当社はこれからも、多様なユーザーに対応するユニバーサルデザインに配慮したサービスの提供を通して、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献してまいります。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!