• 2022/08/11 掲載

NY外為市場=ドル下落、米インフレ鎮静化で積極利上げ観測後退

ロイター

photo
記事をお気に入りリストに登録することができます。
[ニューヨーク 10日 ロイター] - ニューヨーク外為市場で、ドルが広範な通貨に対し下落した。インフレが予想よりも鎮静化したことを受け、連邦準備理事会(FRB)は予想ほど積極的な利上げを行わないとの見方が台頭した。

労働省が発表した7月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前年同月比8.5%上昇と、前月の9.1%から鈍化。市場予想は8.7%だった。

主要6通貨に対するドル指数は1.025%安の105.26。

ドルは対円で1.58%安の132.97円。一時は2.3%安と、2020年3月以来の大幅下落となった。

TDセキュリティーズのアナリストは「市場がフェデラル・ファンド(FF)金利のプライシングに満足しつつある中で、円の最悪の日々は終わったように見える」とし、「130─135円の幅広いレンジが新たな常態になる可能性がある」と述べた。

7月のCPIを受け、FRBは9月の会合で3回連続となる0.75%ポイントの利上げを決定するとの観測が後退し、利上げ幅は0.5%ポイントになるとの見方が台頭。LPLフィナンシャルのチーフ・グローバル・ストラテジスト、クインシー・クロスビー氏は「FRBがハト派化することはないとしても、それほどタカ派的ではなくなるという見方が市場で好感されている」と述べた。

ユーロは0.83%高の1.0297ドル。英ポンドは1.16%高の1.22145ドル。共に1日の上昇としては6月半ば以来の大きさとなる。

リスク動向を反映しやすい豪ドルは1.74%高の0.7083米ドル。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは2.1%高の2万3651ドル。

ドル/円 NY終値 132.87/132.92

始値 134.96

高値 135.03

安値 132.04

ユーロ/ドル NY終値 1.0297/1.0301

始値 1.0240

高値 1.0368

安値 1.0235

関連タグ

あなたの投稿

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます