• 2022/09/26 掲載

FRB、インフレ抑制で「深い痛み」回避可能=アトランタ連銀総裁

ロイター

photo
記事をお気に入りリストに登録することができます。
[ワシントン 25日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は25日、経済の勢いが続いていることから、米連邦準備理事会(FRB)は大幅な雇用減少を招くことなくインフレを抑制できるとの認識を改めて示した。

CBSの番組で「歴史を振り返れば、雇用が失われたとしても(過去の景気減速局面よりも、小幅にとどまる可能性が十分ある」と指摘。

「インフレは高過ぎる。われわれはインフレを押し下げるため全力を尽くす必要がある」と述べ、積極的な利上げを継続するFRBの計画に言及した。

インフレ抑制により、どの程度景気が減速し雇用減少につながるかは依然として議論の余地があるが、FRB当局者らは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で確保が困難となってきた労働者を企業が解雇する可能性は低いとみている。

ボスティック総裁は、雇用者数が引き続き堅調に伸びていることに触れて「経済にはポジティブなモメンタムがある。われわれの行動を吸収し、比較的秩序ある方法で減速することがある程度可能だ」と述べた。

また「景気減速は必要だ。深い痛みを回避するためにFRBとして全力を尽くす」と語った。

関連タグ

あなたの投稿

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます