• 2022/09/28 掲載

エーザイ、アルツハイマー薬の第3相臨床試験で主要評価項目達成

ロイター

photo
記事をお気に入りリストに登録することができます。


[東京 28日 ロイター] - エーザイは28日、米製薬大手バイオジェンと共同開発しているアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」について、早期アルツハイマー病患者を対象とした第3相の臨床試験で、症状の悪化抑制を示し、主要評価項目を達成したと発表した。

この臨床試験は、1795人を対象に実施。主要項目のほか、全ての重要な副次評価項目についても、統計学的に有意な結果が得られたという。

レカネマブ投与群が偽薬(プラセボ)投与群と比較して27%の悪化抑制を示した。

メイヨークリニック・アルツハイマー病研究センター(ミネソタ州ロチェスター)のディレクター、ロナルド・ピーターセン氏は「大きな効果ではないが、前向きな効果だ」と指摘。ネバダ大学ラスベガス校トランスフォーマティブ神経科学チャンバーズグランディセンターのディレクター、ジェフ・カミングス博士は「病気の進行を約30%遅らせることができれば、素晴らしいことだ」と語った。

エーザイは、2022年度中の米国でのフル承認申請や、日本、欧州での販売承認申請を目指し、各国当局と協議を行うとしている。同剤は米FDA(食品医薬品局)から優先審査指定を受けており、審査終了目標日は23年1月6日に設定されている。

23年3月期の業績予想への影響は軽微で、6月8日に発表した業績予想に変更はないという。

ジェフリーズのアナリスト、マイケル・イー氏はリサーチノートでレカネマブのデータについて「潜在的に数十億ドル規模の新しいフランチャイズ」を示唆していると指摘した。

関連タグ

あなたの投稿

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます