開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2006/11/29

トリニティーセキュリティーシステムズ、日本版SOX法対応の情報漏えい防止ソリューションを発売

Webアプリケーションからの情報漏洩を防止するソリューション「Pirates Buster for Active WebPage Ver.3.0」を発売。日本版SOX法対応と、ISMSやプライバシー・マークの取得・運用を支援。


 トリニティーセキュリティーシステムズは、ERPやグループウェアなどのWebアプリケーションからの情報漏洩を防止する「Pirates Buster for Active WebPage Ver.3.0」を発表した。発売開始は11月30日。

 「Pirates Buster for Active WebPage Ver.3.0」は、会社法や日本版SOX法において求められる企業の内部統制構築、また、ISMSやプライバシー・マーク等の取得・運用に対するソリューション。ブラウザ上の保存・印刷・コピーを禁止できるほか、利用権限はページ単位で細かく設定でき、クライアントとサーバ間の通信内容やキャッシュも暗号化されるため、コンテンツ保護が可能だ。

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!