開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
  • Web知識の標準化を目的とした「Web検定」今秋から実施

  • 2007/01/29

Web知識の標準化を目的とした「Web検定」今秋から実施

ワークスコーポレーション(東京都渋谷区)は1月29日、社団法人全日本能率連盟登録資格「Web検定(ウェブケンテイ)」を、2007年秋より全国で実施すると発表した。

 ワークスコーポレーション(東京都渋谷区)は1月29日、社団法人全日本能率連盟登録資格「Web検定」を、2007年秋より全国で実施すると発表した。

 本検定は、Webをより効率の良いものにするために、人々の知識を標準化する目的で設立。言葉・常識の違い、立場の違いによる目的の理解度の差、職種による知識背景の違いなどにより、様々なコミュニケーションエラーが起きてしまう問題克服に取り組む。

 WebプロデューサーやWebディレクター、Webデザイナー、Webプログラマーという、制作・開発のプロとして職務についている人向け4資格と、ビジネスベースでWebに関わる人向けにWebの標準的知識を保有するゼネラリストとして認定する「Webアソシエイト」という資格を加えた全5種類を設定した。

 ワークスコーポレーションは、これまでにも社団法人全日本能率連盟登録資格である「DTP検定(累計受験者数21,413名 2007年1月14日現在)」の運用・実施や、教材等の開発事業にて実績があり、これをベースに全国的な実施を展開する。

 検定受験費は、各1万6,800円、プロジェクトメンバーには慶應義塾大学環境情報学部教授の萩野達也氏、監査法人トーマツの小田実氏などの専門家、教育機関担当者、コンサルタント、経営者、フリーランスWebデザイナーなどが加わっている。

セミナー

トピックス

IT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!