開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2007/03/23

データベース混在環境を監査可能な情報漏えい監視システム

インサイトテクノロジー、Microsoft SQL Serverの監査を強化する情報漏えい監視システム「PISO Ver3.1」を発表。

 インサイトテクノロジーは、Microsoft SQL Serverの監査を強化する「PISO Ver3.1」を出荷開始した。

 今回発表された「PISO Ver3.1」では、Microsoft SQL Serverを監査対象データベースに追加。これにより、Oracle Database、Microsoft SQL Serverが混在する企業のデータベース環境を統合して監査することが可能になる。

 「PISO Ver3.1」は、Microsoft SQL Serverから監査ログを取得する際のパフォーマンス劣化を自動制御する機能を実装。監査ログを任意の条件で抽出し、時間帯、処理件数、データベースユーザごとに追跡することが可能となっている。そのほか、不正アクセスのリアルタイム監視機能や、監査ログの分析・レポート機能も搭載する。

 なお、同製品はマルチ・データベース対応に向けて対応プラットフォームを随時追加する予定。

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!