開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2007/08/20

NECソフト、紙媒体からの情報漏えいを防止する印刷管理システム販売

NECソフトは、紙媒体からの情報漏えいを防止し、印刷環境の向上を支援する新製品、印刷管理システム「プリント監視官」を、本日から販売開始する。

 価格は50ユーザライセンスで70万円(税別)からとなる。NECソフトでは、今後2年間に1万ユーザライセンスの販売と、SIおよび保守を含めて約1億円の売上を見込んでいる。

 近年、組織内の重要な情報や、収集した個人情報が漏えいする事件が相次いでいる。電子データに比べ、紙媒体の管理不注意による事故比率が高いにもかかわらず、プリンタ出力した重要書類がそのまま放置されるなど、印刷した紙媒体の管理が見落とされがちだった。

  「プリント監視官」は、印刷環境における各種リスクへの事前事後対策を支援し、信頼性を高めると同時に、印刷環境の利便性を向上させる各種機能を提供する。また、管理対象のプリンタはネットワーク(TCP/IP)接続のページプリンタ全般を対象としており、メーカや機種に依存せず、多数機種が混在するマルチベンダ印刷環境でシステムを運用することができる。

 「プリント監視官」の主な機能は以下の通り。印刷履歴の蓄積により、誰がどこで何枚をプリントしたのか印刷行為の追跡が可能。また、印刷者情報の自動刻印(テキスト/QRコード)により、重要文書の放置を心理的に抑制する。さらに、プリンタ別など実績集計をWebブラウザで閲覧可能となっている。

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!