開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2007/10/25

シマンテック、非管理状態PCからの情報漏えいを防ぐソリューション発表

シマンテックは、「Symantec On-Demand Protection for Web Applications 3.0」を発表した。

 シマンテック コーポレーション(以下、シマンテック)は、「Symantec On-Demand Protection for Web Applications 3.0」を発表した。

 「Symantec On-Demand Protection for Web Applications 3.0」は、企業のWebアプリケーションへのアクセスに際し、安全な仮想環境を実現する製品。Symantec On-Demand Protectionは、企業におけるデータ喪失の防止やセキュリティポリシーの実施に役立つオンデマンドエージェントを自動的に作成するもので、ソフトの事前インストールやリモートエンドポイントへの変更が不要となっている。

 Symantec On-Demand Protectionのバーチャルデスクトップは、データを暗号化し、セッション終了時にファイルを削除することで、非管理状態のコンピュータを通じた機密データ漏えいを防ぐ。企業ネットワークへの接続を試みる非管理状態のエンドポイントに適切な保護があるか、セキュリティソフトがインストールされているかどうかを確認する「ホストインテグリティチェック機能」を搭載。また、キーロガーやスクリーンスクレーパーなどの脅威をブロックするビヘイビア分析を用いたマルウェア検知エンジンを備える。

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!