開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2007/12/25

日立ソフト、機密用と一般用を1台のPCで実現するソフトウェア販売

日立ソフトは、機密性の高い重要情報を扱う環境と一般的な利用を前提とする環境を1台のPC上で同時に利用できるソフトウェア「Data Trans Guardian」を本日より販売開始する。

 日立ソフトは、機密性の高い重要情報を扱う環境と一般的な利用を前提とする環境を1台のPC上で同時に利用できるソフトウェア「Data Trans Guardian」を本日より販売開始する。価格は、1ライセンス 36,750円。従来の2台のPCによる運用に比べ、導入コストの低減、省スペース化、および業務効率の向上を図ることができる。

 Data Trans Guardian では、2つのネットワークに対して1台のPCで利用できるセキュリティ環境を提供する。機密情報を扱うネットワークと一般業務用ネットワークを完全に分割することによって情報漏えいを防止している環境で、Data Trans Guardian を搭載した1台のPCでは、機密情報を扱うネットワークから一般業務用ネットワークへのデータ転送を禁止することにより、機密情報が外部ネットワークへ漏えいするリスクを回避する。一方で、一般業務用ネットワークから機密情報を扱うネットワークへのデータ転送は許可する。さらにクリップボードにコピーしたデータだけでなく、ファイル単位のデータ転送も可能。

 これらの機能は、仮想化技術とSELinux技術を用いることで実現している。

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!