開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2008/02/18

OKINET、社員の私有パソコンを対象にした情報漏えい防止サービス提供開始

OKIの関連子会社OKIネットワークインテグレーション(OKINET)は18日、従業員の私有パソコンを対象にした情報漏えい防止サービス「Winny対策@PTOP」を本日より販売すると発表した。

 「Winny対策@PTOP」は、従業員への情報漏えい防止の教育と、私有パソコンから業務情報の排除(調査ツールの提供)の2点を提供する。従業員のセキュリティへの意識を向上させる狙いがある。また、同サービス導入による、追加のシステム構築は必要ない。

 従業員への教育は、OKINETの専門コンサルタントが、Winny情報漏えいの脅威について理解を促す説明会を開催する。調査ツールの提供は、各従業員の私有パソコンに対して、インターネット経由でツールを提供。Winnyなど、ファイル共有ソフトの有無、および業務に関するファイルの有無をチェックすることができる。また、ツールを提供するだけでなく、きちんとチェックしたかどうか、管理者が把握することができるという。OKINETでは、今後3年間で50,000名の販売を見込んでいる。

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!