開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2009/01/06

IPA職員が情報漏えい、ファイル共有ソフトの利用で

情報処理推進機構(IPA)は4日、同機構の職員が私的利用していたファイル共有ソフトから情報が漏えいしたと発表した。

 情報処理推進機構(IPA)は4日、同機構の職員が私的利用していたファイル共有ソフトから情報が漏えいしたと発表した。

 IPAの職員が自宅で保有する私物のPCでファイル交換ソフトを使用した結果、コンピュータウイルスに感染し、パソコン内の情報が流出した。流出したのは、当該職員の個人情報や一部IPAで公開されている画像など。

 IPAは、ファイル共有ソフトの利用の危険性を啓蒙する立場にある。IPAは、今回の事態を陳謝するとともに、職員の私物PCにおけるファイル交換ソフトの使用を禁止するなど、再発防止策の検討を行うという。

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!