開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2010/02/26

NECの新社長に現取締役で最も若い遠藤信博氏が就任、クラウド、アジア、環境に注力

NECは、4月1日より現取締役執行役員常務の遠藤信博氏が代表取締役 執行役員社長に昇格すると発表するとともに、中期経営計画「V2012」を発表した。4月1日より組織再編を行い、クラウドとアジア、環境の3つの分野を強化していく。

photo
次期社長に決まった
NEC 取締役執行役員常務
遠藤信博氏
 NECは、4月1日より現取締役執行役員常務の遠藤信博氏が代表取締役 執行役員社長に昇格すると発表した。現代表取締役 執行役員社長の矢野薫氏は代表取締役 会長に退く。

 遠藤氏は、2000年からモバイルワイヤレス事業を担当。携帯基地局を無線でつなぐ通信装置を世界に首位に育てた。

 同日発表された中期経営計画では、「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現するグローバルリーディングカンパニー」を掲げており、海外市場で攻勢に打って出たい同社において、海外で実績を持つ遠藤氏の手腕が期待されている。

 NECは2008年度に3,000億円の赤字を出したものの、2009年度は当期利益100億円、ROE1%、海外比率19%の見込み。今後、2012年度には当期利益1,000億、ROE10%、海外比率25%を目指すという。2017年度には、当期利益2,000億円、ROE15%を目指すとともに、海外比率を約50%まで広げたい考え。グローバルICTトップ10入りを狙う。

 セグメント別の売上高は、エンタープライズ分野の2009年度時点9,400億円を2012年度に1兆1,400億円に、テレコムキャリア分野の同7,300億円を同9,700億円に、ソーシャルインフラ分野の同5,300億円を同7,600億円に、ユビキタスデバイス分野の同7,700億円を同9,400億円に押し上げたい考え。4月1日から組織再編を行い、主にクラウドとアジア、環境の3つの分野を強化していく。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

財務会計・管理会計 ジャンルのトピックス

財務会計・管理会計 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!