開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/05/19

日本ユニシス、既存の共有サーバに3つのセキュリティ対策を施せる「SecureTank」を提供

日本ユニシスは19日、既存の共有ファイルサーバの構成を変更せずに、3つのセキュリティ対策を施す製品「SecureTrunk(セキュアトランク)」の提供を開始したと発表した。情報セキュリティサービスシリーズ「iSECURER(アイセキュア)」のラインナップに加えられる。

 「SecureTrunk」は、企業内で共有している既存のファイルサーバ上のファイルに対して、認証強化、アクセス制御、データの暗号化の3つのセキュリティ対策を実現する製品。

photo
「SecureTrunk」のシステム概要図

 認証強化では、専用USBキーを用いたユーザー認証が行える。これはユーザーが利用するクライアントPCに、ユーザーごとに配布した専用USBキーを挿入して、パスワード入力することで、本人認証を実施するというもの。パスワードとUSBキーの二要素認証となる。

 また、「SecureTrunk」が管理するフォルダは、ユーザー別、組織別にアクセス権限を設定できる。専用エクスプローラには、アクセス可能なフォルダのみ表示されるので、不正なアクセスや誤ったアクセスを防止する。

 データの自動暗号化機能では、専用エクスプローラに表示されるフォルダに暗号化したいファイルを入れるだけで、自動的にデータを暗号化する。なお、ファイルサーバには暗号化用ソフトウェアのインストールは不要。

 そのほか、「SecureTrunk」が管理するフォルダ内のファイルに対して、ユーザーが、いつ、どんな操作を行ったかを知ることができるアクセスログ採取/閲覧機能や、利用者の人事異動時に、アクセス権限の設定の一括変更ができる設定変更機能なども備える。

 また、クライアントPCと共有ファイルサーバ間をVPN接続することで、社外からのリモートアクセス環境でも利用が行えるという。

 管理対象PCが300台の場合の価格は最小構成で227万4,000円(1台当り7,580円/税抜)。

 日本ユニシスでは、「SecureTrunk」および関連サービスで、今後3年間で売上2億円を目指す。

Office、文書管理・検索 ジャンルのセミナー

Office、文書管理・検索 ジャンルのトピックス

Office、文書管理・検索 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!