開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2011/07/28

【タブレット市場調査】2011年は国内、世界ともに出荷台数が3倍に--矢野経済研究所

矢野経済研究所の調査によれば、2010年度の日本国内におけるタブレットの出荷台数は96.6万台だった。同社予測によると、2011年度は291.5万台と約3倍に膨らむ見込み。さらに2013年の出荷は602万台にのぼるとみているという。

 矢野経済研究所の調査によれば、2010年度の日本国内におけるタブレットの出荷台数は96.6万台だった。海外メーカーの製品が多数を占め、モデル数も限定されていたため、先進ユーザーへの販売が主体だったという。

 また同社では、2011年度の出荷台数は291.5万台と約3倍に膨らむと予測しているという。夏期商戦では導入モデル数が少ないが、年末商戦に向けては通信事業者ブランドに加え、パソコンメーカーやAV機器メーカーの製品が加わる見通し。販路別では、通信事業者ブランドが220万台、その他メーカーブランドが71.5万台と予測する。さらに3G内蔵モデルが123.5万台、Wi-Fiモデルが168万台との予測している。

photo
国内タブレット市場規模推移

 これまではスマートフォンと類似したハードウェア構成のタブレットが多かったが、今後は高性能半導体の搭載、PC向けOS搭載モデルなど多様化が進み、スマートフォンとの住み分けが進むという。また、将来的には通信速度の向上、ハードウェア性能の向上、通信事業者による積極販売により3G内蔵モデルの比率が上昇するとみているという。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのセミナー

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのトピックス

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!