ようこそゲストさん

  • 2011/12/20 掲載

日立ソリューションズ、標的型サイバー攻撃対策のクラウド型「WildFire」と中堅中小向けファイアウォール「PA-200」提供へ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
日立ソリューションズは、米Palo Alto Networks社のファイアウォール 「パロアルトPAシリーズ」から、クラウド型サービス「WildFire」と中堅中小向け最小モデル「PA-200」の提供を2012年1月20日から開始する。
photo
 日立ソリューションズは、標的型サイバー攻撃への対策を行うクラウド型セキュリティサービス「WildFire」の提供と中堅中小企業向けファイアウォール「PA-200」の発売を2012年1月20日から開始すると発表した。

 「WildFire」は、米Palo Alto Networks, Inc.(以下、Palo Alto Networks社)のファイアウォール 「パロアルトPAシリーズ」の標的型サイバー攻撃への対策を行うクラウド型セキュリティサービス。ダウンロードするファイルを仮想クラウドの環境に転送して実行し、影響を及ぼすと判断された場合には、迅速に自動で定義ファイルを発行することで未知のマルウェアを検出する。また、仮に社内のPCが感染した場合には、ボットネット検知機能により該当のPCを早期に特定することで被害の拡大を防止する。未知のアプリケーションを利用した通信や、特定の国との通信を遮断することで重要な情報の流出を防ぐことも可能だ。

 「PA-200」は、「パロアルトPAシリーズ」の最新版である最小・最安値モデル。上位機種と同様のセキュリティ機能とアーキテクチャを実装する。本社に加え、支社・ブランチオフィスなどに「PA-200」を導入することで、全社のセキュリティレベルが統一され、セキュアなネットワーク環境を実現する。

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます