開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/12/20

日立ソリューションズ、標的型サイバー攻撃対策のクラウド型「WildFire」と中堅中小向けファイアウォール「PA-200」提供へ

日立ソリューションズは、米Palo Alto Networks社のファイアウォール 「パロアルトPAシリーズ」から、クラウド型サービス「WildFire」と中堅中小向け最小モデル「PA-200」の提供を2012年1月20日から開始する。

photo
 日立ソリューションズは、標的型サイバー攻撃への対策を行うクラウド型セキュリティサービス「WildFire」の提供と中堅中小企業向けファイアウォール「PA-200」の発売を2012年1月20日から開始すると発表した。

 「WildFire」は、米Palo Alto Networks, Inc.(以下、Palo Alto Networks社)のファイアウォール 「パロアルトPAシリーズ」の標的型サイバー攻撃への対策を行うクラウド型セキュリティサービス。ダウンロードするファイルを仮想クラウドの環境に転送して実行し、影響を及ぼすと判断された場合には、迅速に自動で定義ファイルを発行することで未知のマルウェアを検出する。また、仮に社内のPCが感染した場合には、ボットネット検知機能により該当のPCを早期に特定することで被害の拡大を防止する。未知のアプリケーションを利用した通信や、特定の国との通信を遮断することで重要な情報の流出を防ぐことも可能だ。

 「PA-200」は、「パロアルトPAシリーズ」の最新版である最小・最安値モデル。上位機種と同様のセキュリティ機能とアーキテクチャを実装する。本社に加え、支社・ブランチオフィスなどに「PA-200」を導入することで、全社のセキュリティレベルが統一され、セキュアなネットワーク環境を実現する。

ファイアウォール・IDS・IPS(不正侵入... ジャンルのトピックス

ファイアウォール・IDS・IPS(不正侵入... ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!