開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/03/27

日立、ビッグデータの戦略的活用を支援する「vRAMcloud」を提供、第一弾は金融機関向けクラウド

日立は27日、ビッグデータの戦略的活用を支援するソリューション「vRAMcloud」を開発し、28日から提供を開始すると発表した。

 日立製作所(以下、日立)は、ビッグデータの戦略的活用を支援するソリューション「vRAMcloud」を開発し、3月28日から提供を開始する。

photo
新ソリューション「vRAMcloud」の概要

 「vRAMcloud」は、企業内外のさまざまな種類の大量データ(ビッグデータ)について、そのデータの統合管理とともに、データの特性に応じて、ストリームデータ処理からバッチジョブ超並列処理まで多彩な分析・処理のできる高度な情報処理基盤を構築するソリューション。これにより、導入企業は、日々刻々と発生するリアルな情報と、過去の蓄積情報を瞬時に照合・分析して、いち早く顧客ニーズの変化をとらえ、日々の業務オペレーションを実行することができる。

 今回、その第一弾として、金融機関向けに、拡張性高いプライベートクラウドの形態による構築ソリューションを提供する。同ソリューションにより、ビッグデータ活用による金融商品の新たな開発やさらなる顧客サービスの改善といった金融機関における業務革新の実現を支援するという。

BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのトピックス

BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!