開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/03/28

長崎医療センター、被災時の医療継続を可能にするバックアップシステムを富士通と共同で構築

長崎医療センターと富士通は28日、被災時にも地域における診療を継続するためのバックアップシステムを共同で構築し、本格運用を開始したと発表した。

 独立行政法人国立病院機構 長崎医療センターと富士通は、共同で被災時にも地域における診療を継続するためのバックアップシステムを構築し、本格運用を開始した。

画像
災害対策ソリューションのイメージ

 このバックアップシステムは、富士通のプライベートクラウド型の医療機関向け災害対策ソリューション「HumanBridge BCPソリューション」を利用したもので、作業開始からわずか1か月で構築を完了した。

 これにより長崎医療センターは、電子カルテシステムと医事会計システムのデータをオンラインで、遠隔地の堅牢なデータセンター内のバックアップシステムに保全している。また、同ソリューションには電子カルテの参照ビューワを装備しているため、被災時には避難所や他の医療機関から診療データを参照して診療活動を迅速に立ち上げることができ、メモ機能を使って現場での診療記録も残すことができる。

BCP(事業継続) ジャンルのセミナー

BCP(事業継続) ジャンルのトピックス

BCP(事業継続) ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!