• 会員限定
  • 2013/02/05 掲載

囲い庭の中の本<前編> 電子出版物のDRMと共存するために

電子出版物の利便性とDRMについて

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
紙の出版物と異なり、電子出版物の利用には多くの場合制約が伴う。利用者の権利を制限する目的で導入されるDRMはそうした制約の最たる存在だ。我々はDRMと共存しながら、電子出版の利便性を享受することができるのだろうか。
高瀬 拓史(たかせ ひろし)

高瀬 拓史(たかせ ひろし)

イースト株式会社勤務。標準フォーマットEPUBを中心に、普及活動を行う。日本電子出版協会「EPUB日本語要求仕様案」、電子出版環境整備事業「EPUB日本語拡張仕様策定」などに関わる。電子出版をテーマとした寄稿やセミナー講師歴も多数。

ストアという囲い庭

 情報技術の分野には “walled garden”というアナロジーがある。直訳すれば「壁に囲まれた庭」のことだが、ユーザがコンテンツやサービスにアクセスするのを制御する環境を指す(*1)。インターネットという荒野に庭を構えてサービスを行う上で、境目となる「壁」が必要とされる局面は多い。庭園をさまざまなリスクから守るため、利用者とそうでない者を区別するため、利用者を外に逃さないため、といった理由が挙げられる。しかし高い「壁」に囲まれた窮屈な庭園では、利用者が快適に過ごすことができずに出て行ってしまうことだろう。

 電子出版物を販売するストア(書店)も、しばしばそうした庭になぞらえられる。ストアにおいて、DRM(デジタル著作権管理)は強固な「壁」の代表的存在だが、利用者から最も忌避される存在でもある。「壁」の抱えるジレンマにストアはどのように向きあっているのだろうか。

*1:より狭い意味ではモバイルデバイスからアクセスされるクローズドなインターネット環境を指す。

この記事の続き>>「庭を広くするアプローチ」と「壁を低くするアプローチ」

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます