開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/02/21

大鵬薬品、700名のタブレット向けデスクトップ仮想化基盤を構築

大鵬薬品工業は、医薬情報担当者(MR)700名が活用するタブレット端末向けデスクトップ・クラウド基盤の構築を実施し、本年1月より稼働開始した。日本IBMとCSIソリューションが支援した。

 大鵬薬品では、MRが訪問先の医療機関において、最新の治療法の紹介や提案を行う際に、タブレット端末を活用していたが、さらなるセキュリティの強化とMR業務の効率向上を図るため、新たなシステム基盤の構築を検討していたという。

 CSIソリューションズと日本IBMは、デスクトップ・クラウド基盤の構築を提案、採用されたという。今回、CSIソリューションズが構築したのはデスクトップ・クラウド基盤。システム基盤は、デスクトップ仮想化ソフトウェア「VMwareView」と「IBM Flex System x240コンピュート・ノード」7台などで構成されている。構築期間は約3か月間。

 デスクトップ・クラウド基盤の構築により、大鵬薬品のMRは個々のタブレット端末ではなく、安全なデスクトップ・クラウド環境で医療情報などを医師へ提供し、外出先での空き時間には、専門知識向上のためのeラーニング受講や、日報入力を行えるようになった。

 大鵬薬品では、本基盤を導入することで、MRの業務効率向上を推進していく考え。

シンクライアント・仮想デスクトップ ジャンルのトピックス

シンクライアント・仮想デスクトップ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!