開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2013/12/05

グーグル、ロボット事業を本格化 東大のVB含む7社を買収済み

グーグルのラリー・ペイジCEOは3日、自身のブログで米ニューヨーク・タイムズの記事を紹介。ペイジ氏自身は詳細に触れなかったものの、その中でAndroidの開発責任者だったアンディ・ルービン氏が、グーグルがロボット事業を手がける7社を買収していたことを明らかにした。

photo
SCHAFTのロボット
 NYTの記事によれば、本プロジェクトは、「ムーンショット(月面着陸、グーグルの中で挑戦的な取り組みのこと)」として展開、具体的な計画や投資の規模は明らかにされていないものの、既に相当額の投資が行われているという。

 買収した7社には、東大からスピンアウトしたベンチャービジネスで、ヒト型ロボットの開発を手がけるSCHAFT(シャフト)や、Meka社、Redwood Robotics社などが含まれている。

 以下はMeka社のロボット。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

新製品開発 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!