開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/03/11

AngularJSを現場で使っている人たちの本音(後編)

Deverlopers Summit 2015

JavaScriptのフレームワークの1つとして注目されている「AngularJS」は、どんな用途に向いているのか、学習コストはどれくらいか? 使いにくいところは? などの疑問をAngularJSのエキスパート達が次々に答えてくれるセッション「AngularJSの今とこれから」が、2月19日に都内で行われたイベント「Developers Summit 2015」で行われました。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

本記事は「AngularJSを現場で使っている人たちの本音(前編)」の続きです。

AngularJSを選んだ理由

photo

 川田氏■次の質問は、数あるフレームワークの中からAngularJSを選んだ理由は?

 今氏■noteの開発を2013年の10月頃に始めた当時は、まずBackbone.jsとAngularJSを試したのですが、Backbone.jsはいろいろ組み合わせなくてはならなくて。その頃はJavaScriptがよく分かってなくて、それが面倒くさいなと思ってたらほかのスタッフもそうで、フルスタック入ってるAngularJSの方が便利だなと、割と開発者都合で選びました。

 林氏■うちもBackbone.jsと比較して考えます。新しい案件なら、今だとReactも選択肢に入ると思いますが、当時はCRUDアプリを作る上でAngularJSのフルスタックだったり、Restfull APIとのつなぎが手厚かったり、フィルタやバリデーションが楽だったので選びました。

 川田氏■AngularJS 2.0へ移行するよい知見はありますか?

 金井氏■2.0はまだ出来上がっていないので、移行しようがないですね。1.4もまだベータですし、今安定しているのは1.3ではないでしょうか。ちなみに2.0は一応来年だそうです。

 川田氏■皆さん、AngularJSのどのバージョンを使っていますか?

 今氏■notesは1.3で、1.2から1.3に上げる作業はしましたが、それほど大変ではありませんでした。レスポンスが上がって体感速度は良くなりましたね。1.4はあまり大きな機能変更がないので、それほど期待していません。様子見ですね。

AngularJSはチーム開発に向いている?

 川田氏■AngularJSはチームでの開発に向いているのかどうか。

 林氏■LIGは今やっているプロダクトが2.5名くらいで開発していて、AngularJSはフルスタックなので、その範囲内を理解していれば共通の認識が持てるので、そこがチームでは楽かなと。Backbone.jsだと、このときはこのモジュールを使ってるよとか、そこではこっちを使うよといった、細かいところを共有したり学習したりするコストがあるので、それがないAngularJSは楽かなと思います。

 今氏■僕のところでは僕ともう1人、あとベトナムの方で開発していて、そこには1月くらい勉強してもらってからタスクを渡したのですが、そんなに変なコードにならずに、だいたい誰が書いてもコードが同じになる感じで、レビューもしやすくてうまく回ってると思います。

AngularJSは何から学ぶといい?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

開発ツール・開発言語 ジャンルのトピックス

開発ツール・開発言語 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!