開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/07/27

飲食店、閉店する業態と長続きする業態は何が違うのか?

シンクロ・フードが運営する飲食店の出店開業支援サイト「飲食店.COM」は27日、閉店した飲食店の業態と営業年数の調査結果を発表した。

ラーメン店の4割が開店から1年以内で閉店

photo

 飲食店.COMは、飲食店の物件情報や内装、食材仕入業者のマッチングサービスなどを提供するサイトで、会員数は8万8143人 (2015年7月27日時点)を誇る。飲食店.COMは今回、同サイトに登録された営業年数および業態データ3534件をもとに閉店した飲食店の業態と営業年数を集計した。

 アジア料理、ラーメン、中華、そば・うどんについては、7割以上の店舗が営業3年以内で閉店しており、4割以上の店舗については営業1年以内に閉店しているという結果になった。

画像
閉店した飲食店の営業年数 業態別割合
(出典:飲食店.COM)


 なかでもラーメンは「出店したい業態」としても必ずトップ5に入る人気業態である一方、閉店する件数も多くなっており、生き残りが厳しい業態でもあることがわかる。「出店したい業態」と「閉店が多い業態」の両方でトップになった居酒屋・ダイニングバーは、営業年数が3年を超える店舗が4割以上となっており、これと比較してもラーメン店は短命の傾向にあるといえる。

photo
閉店が多い上位18業態
(出典:飲食店.COM)

 その一方で、閉店までの営業年数が長かった業態は、営業3年を超える店舗が5割以上の業態は、寿司、フランス料理のみという結果に。寿司は、営業11年を超えていた店舗の割合が21.5パーセントで全業態中で最も高い割合に。またフランス料理は、1年以内で閉店した店舗が12.8パーセントと最も低い割合となっている。

 これについて飲食店.COMでは、調理に専門技術が必要となる寿司およびフランス料理は開店までの障壁が高く、他業態と比較すると開店件数が少ないため競合店が生まれにくく、営業年数も長くなる傾向にあると推測した。

 同じく鉄板焼き・お好み焼きも、3年を超えて営業した店舗が46.3パーセントと営業年数が長めの業態である。これも設備投資コストの点で開店障壁があるため、寿司・フランス料理と同様に競合店が生まれにくく、閉店もしにくいのではないかと指摘した。

この記事のご感想をお聞かせください。~飲食店、閉店する業態と長続きする業態は何が違うのか?(t)

ご投稿いただいた内容は、個人情報を含まない形で今後の編集の参考や弊社メディアでご紹介させていただくことがございます。 あらかじめご了承ください。(正しくご投稿いただいた場合、このアンケートフォームは今後表示されません)

1. この記事はあなたの業務に役立ちましたか?

2. あなたはこの記事をどこで知りましたか?

3. この記事のご感想やご意見など、ご自由にお書きください

新規顧客開拓 ジャンルのセミナー

新規顧客開拓 ジャンルのトピックス

新規顧客開拓 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!