• 2022/11/25 掲載

欧州外為市場=ドル下落、米利上げペース鈍化との見方強まる

ロイター

photo
記事をお気に入りリストに登録することができます。
[ロンドン 24日 ロイター] - 欧州外為市場ではドルが下落した。11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受け、連邦準備理事会(FRB)が12月から利上げペースを鈍化させるとの見方が強まった。

FRBが23日に公表した11月1─2日のFOMC議事要旨で、政策立案者の「かなり多数」が、利上げペース鈍化が「間もなく適切になる」との見方に同意したことが分かった。

ノルデアのチーフアナリスト、ニルス・クリステンセン氏は、FRBが12月に0.50%ポイントの、来年最初の会合で0.25%ポイントの利上げを実施すると見込んだ上で、インフレ抑制に向けFRBはさらに対応する必要があるとなお感じていると指摘。「労働市場はより堅調とFRBが見ている限り、引き締めに関して大きな懸念はない」と述べた。

ドル指数は0.2%安の105.75。前日には1.1%下落していた。

欧州中央銀行(ECB)が24日に公表した10月26─27日の理事会の議事要旨で、政策当局者がインフレ定着の可能性を懸念し、追加利上げが必要との見解を示していたことが判明し、ユーロは上昇を維持。対ドルで0.2%高の1.0415ドルとなった。

ポンドは0.7%高の1.2135ドル。前日には1.4%上昇していた。

ユーロは対スウェーデンクローナで0.4%下落。スウェーデン中央銀行は24日、政策金利を0.75%ポイント引き上げ2.50%とした。インフレ高進に対応するため来年の追加引き締めも示唆した。

中国人民元は堅調。中国国務院(内閣に相当)が22日の閣議で、流動性を適度に潤沢に保つため銀行の預金準備率(RRR)の適時引き下げや他の金融政策手段を活用する方針を示したことが引き続き材料視された。

日本円は対ドルで0.9%高の138.285円。

ニューヨーク外為市場は感謝祭の祝日で休場。流動性が通常より低下する可能性がある。

<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤 コード

ユーロ/ドル    1.0405 1.0415

ドル/円 138.43 138.97

ユーロ/円 144.05 144.74

関連タグ

あなたの投稿

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます