開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2020/08/04

SUBARU、今期純損益見通しは6割減、配当は年間56円予想

ロイター

photo

[東京 4日 ロイター] - SUBARU<7270.T>が4日発表した2020年4―6月期連結決算(国際会計基準)は、純損益が77億円の赤字(前年同期は664億円の黒字)だった。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、生産・販売が急減した。21年3月期通期の純利益は前期比60.7%減の600億円の見通し。今期の配当は中間・期末それぞれ1株当たり28円、年間で計56円(前期は100円)を予想する。

会社の通期純損益予想は、リフィニティブが集計したアナリスト15人の予測平均値(805億円)を下回っている。

今期の営業利益予想は62%減の800億円、売上高予想は13.3%減の2兆9000億円。世界販売は12.9%減の90万台を計画する。

今期の前提為替レートは1ドル=105円(前期は109円)、1ユーロ=120円(同121円)。

4 6月期の売上収益は前年同期比45.2%減の4569億円だった。コロナの影響により、国内外を合わせた世界販売は約半減した。営業損益は156億円の赤字(前年同期は922億円の黒字)となった。

(白木真紀)

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!