開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2020/11/25

シネックスジャパン、「Google Workspace」の取扱いを開始

シネックスジャパン

photo

シネックスジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)は、2020年10月6日に発表されたビジネス向け生産性向上スイートのGoogle Workspace (旧 G Suite™)を、2020年11月25日より受注開始する旨、発表いたします。

今回の取扱い開始により、法人ユーザーは認定資格を有する当社チャネルパートナーを通じ、Google Workspace を入手できるようになります。

人類が新型コロナウイルスを体験して以降のニューノーマル世界では、在宅勤務やリモートワーク等のテレワークがかつてないほど進み、人と人とのつながりを築き維持するのが極めて難しくなりました。

今後も、第3波発生の影響も考慮したフレキシブルな働き方が求められる可能性が高いなか、以前のような生産性や社員エンゲージメントを実現するためには、ドキュメントの作成、コミュニケーション、コラボレーションに適した、使いやすいソリューションが必要です。

シネックスジャパンでは従来よりChrome Enterpriseソリューションとして、ChromebookとChrome Enterprise Upgrade(端末管理コンソール)、ならびにGoogle Meetハードウェアとそのライセンス等を販売してまいりました。今回、Google Workspaceを加え、上記背景に適したよりフレキシブルな環境を顧客に提案・提供することが可能になります。

当社は、長年に渡るGoogle™製品の販売実績と多数の導入支援経験に加え、米国本社SYNNEX Corporationで既に行っているGoogle Workspaceのディストリビューション実績・知見をもとに、Googleのエンタープライズ向けソリューション拡販を強化していきます。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!