開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/05/21

ゼネテック、離散事象解析シミュレーターの最新版「FlexSim 2021」を5月21日リリース

ゼネテック

photo

 株式会社ゼネテック(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:上野憲二、以下「当社」)は、米国製で当社が日本総代理店を務める、待ち行列理論を利用した離散事象解析3Dシミュレーションソフト「FlexSim」の最新版「FlexSim 2021」の日本語版を5月21日(金)にリリースします。

 最新版「FlexSim 2021」ではUIを改善し、操作性や設定の視認性が大幅に改善され、ユーザビリティ―が向上しています。また、FlexSimの強みであるAIを搭載した「オプティマイザー」機能が強化され、指定範囲内における機械や作業者の最大稼働率や、導入指標を求めることが容易になりました。

 さらに、倉庫管理の概念が新たに導入され、既存の倉庫管理システムWMSとFlexSimとの接続が可能となりました。その他にもChromeやEdgeといったブラウザ経由でのモデル検証や、移動経路を検証するAstar機能の強化など様々な改善、強化が行われています。

 より最小の設定作業で、膨大な選択肢の中から一気に最適解を得られる「FlexSim 2021」は、製造工場や物流施設など「人・モノ」が動く現場に求められる生産性向上や最適化を強力にサポートします。

【FlexSim 2021の主な新機能】

◆オプティマイザー(Optimizer)

 →「What if?」ではなく、「What's best?」なアプローチで解を求める。

 オプティマイザー機能を使用することで、AIが最適解を算出します。

 例えば、準備できる機械の台数や、作業者の人数を範囲指定すると、その範囲内で機械の稼働率が最大かつ生産数が最大になる最適な機械台数・作業者数などを求めることが可能です。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!