開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/01/23

独コメルツ銀、子会社引当金が第4四半期決算圧迫へ 通期は黒字に

ロイター

photo

[フランクフルト 21日 ロイター] - 独コメルツ銀行は21日、ポーランドの子会社エムバンクの引当金が第4・四半期決算に影響を及ぼすが、通期では純利益を確保できるとの見通しを示した。

エムバンクが20億0600万ズロチ(5億0400万ドル)の外貨建てローン契約に関する引当金を計上したとし、コメルツ銀の第4・四半期決算に影響が出ると述べた。

エムバンクの引当金は4億3600万ユーロに相当し、これを受けてコメルツ銀の引当金は約6億ユーロとなる見込み。

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!